変動金利と固定金利はそもそも最初の基準金利が違う!住宅ローン金利の選び方

変動金利と固定金利どっちがいいの?
変動っていうからには、
金利が動きに動きよくないんじゃないの?

なんて、住宅ローンを組む際の金利の悩みは尽きないものです。

今回はそんな悩める金利の選び方をアドバイスします。

変動金利とは?
変動金利とは、銀行が決めている基準金利に連動し金利が月々、日々動く可能性がある金利のことを言います。

固定金利とは?
固定金利とは、10年や5年、3年
中には全期間固定など
一定の期間は金利が変わらないという特別な約束をするものです。

例え今以上に金利が安くなったとしても固定金利は変わらないというのがデメリットです。

逆に変動金利は、金利が下がった時はメリットがありますが、
高くなった時はデメリットとなります。

変動金利と聞くと、
すごい変動するかのように聞こえてしまいますが、実はこの10年くらいを見るとほとんど金利は変わっていないのが現状です。

結果論からすると、この10年の間に住宅ローンを契約した方は変動金利の方がメリットがあった。
ということになります。
ただあくまでも結果論であって今後どうなるのかは予測できません。

しかし、変動金利をオススメします。

というのも、固定金利というのは銀行が独自に金利を決めていますが、
変動金利は多くの銀行が事業性の融資の金利に合わせて決めている場合が多いです。

もし、変動金利が上がるということになった場合、会社に貸す金利も一緒にあがることになります。
会社に貸す金利があがるというのは、今低金利で無いと借りてくれない会社が増えてしまった中で
金利をあげるというのは、無理があると思います。

こういった金利がどのように決定されているかを考えると
変動金利はまだまだ上がらないだろうと思うわけです。

もしバブルのような好景気が起こりそうな時は変動金利の金利も上がるかもしれません。

今時点で金利を選ぶのであれば
変動金利をオススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *